手元供養

手元供養とは

私どもが提唱させていただいております"手元供養"とは、自分もしくは自分の近親者が亡くなった後、生前の考え方や希望に基づき遺骨の処理または保管を行っていこうとするものです。
例えば、死後はお墓等の土の下に眠るのではなく、遺骨を海洋に散骨して雄大な自然の元に還し、一部粉末化したものをご遺族の手元に綺麗な形で置いておこうではないかというものです。
このような形の供養の仕方は、現在の社会情勢や住宅事情を考えると今後ますます増えていくものと思われます。私どもはこのような方々のご意向に応えるべくお手伝いできたらと考えております。

ミニ骨壷

すべて納骨してしまうのはさみしすぎる・・・。少しでもいいから身近に置いておきたい。

手のひらサイズの可愛い骨壷。
装飾性に優れたデザインは、インテリア仏壇などの宗派にこだわらない仏壇にとても似合います。思い出と一緒にお骨や形見の品を納めて手元供養のための骨壷としてお勧めいたします。
また兄弟や嫁がれたお嬢様達への分骨にも最適な大きさです。自由なこころで供養する、新しい時代を先取りした仏具です。

ミニ骨壺画像